目もとの印象・若返り

まぶたのたるみ

まぶたのたるみとは

目もとは一番年齢が現れやすい部分です。年齢とともにだんだんとまぶたにたるみが出てきます。
視力にも影響が生じ、また老けて見られます。
たるみを取る事で、すっきり・明るく若々しい印象にすることが可能です。

このような方におすすめ

  • まぶたのたるみやくまを取りたい方
  • まぶたのたるみで物が見えにくい方
  • 老けて見られる方

当院のまぶたのたるみ取り

まぶたのたるみ取りにはいくつか方法があります。
若返りを図る目的で効果的なのは、まぶたの余剰皮膚を除去することです。

上まぶたの除皺術

上まぶたの余剰皮膚を二重のライン上で切除します。
まぶたの上下で厚みが違うので、10mm以上切除する場合は縫合する皮膚の厚みの差を考慮に入れないと不自然になります。

留意点

所要時間 40分程度
施術回数 1回
痛み 手術前の麻酔が一瞬チクッとしますが、手術中は痛みを感じることはありません。
腫れ 強い腫れは1週間続きます。※個人差あり
麻酔 点眼タイプの表面麻酔を使用し、吸入麻酔を使いながらまぶたに局所麻酔します。麻酔時の針は一般病院では使用しない極細針を使用します。
傷跡 二重のラインに沿って切開するので、ほとんど傷跡は目立ちません。
通院 手術当日と1週間後の抜糸の日に、ご来院していただきます。
洗顔・メイク 洗顔は目もと以外は翌日から、目もとは3日後から、アイメイクは抜糸翌日から可能です。
シャワー・入浴 入浴は浴槽につかるとまぶたの血流が良くなり腫れが強く出ることがあるので、当日はシャワーがよいでしょう。
アフターケア 治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、目薬、痛み止めを処方しております。
副作用・リスク まれに、腫れ、あざ、色素沈着、内出血を起こすことがございます。
注意事項 手術直後からコンタクトレンズの装用が可能です。

当院のこだわり

Point1
治療後の腫れを抑えるため使用する麻酔はごく少量
Point2
局所麻酔には腫れを抑えるお薬を混ぜて使用
Point3
高い技術力と内部処理で切開部分は自然で傷も最小限

よくある質問

手術後の傷はめだちませんか?

傷跡は二重のラインになりますので、目立つことはありません。
通常術後1~2週間は赤みを帯びていますが、だんだん薄くなります。

化粧や洗顔はいつからできますか?

目もとを除けば手術当日より化粧・洗顔は可能です。アイメイクは抜糸後、医師の指示のもと行ってください。

抜糸までの期間は?

通常5~7日で抜糸を行います。

治療の流れ

1

カウンセリング

治療の前に取り除くまぶたのデザインをして、仕上がりを実際にシミュレーションします。
(充分な時間をかけ、納得した上で治療に入ります)

2

麻酔

最初に目薬タイプの麻酔を使用して痛みを和らげます。
吸入麻酔(痛み止め)を使いながら、まぶたに局所麻酔をするため痛みはほとんどありません。

3

治療

まぶたのデザインどおりに切開し、余分な組織(脂肪や結合組織など)を取り除いていきます。
充分に麻酔が効いてから治療を行いますので痛みはほとんどありません。
治療は約40分程度です。
表面を丁寧に縫合し、美しいラインをつくっていきます。

4

治療後

治療後腫れが少ないよう、麻酔はごく少量のみ使用しておりますので治療直後から、コンタクトレンズの装用が可能です。

5

アフターケア

治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、目薬、痛み止めを処方しております。
当日の入浴は浴槽につかるとまぶたの血流が良くなり腫れが強く出ることがあるので、シャワーのみ、翌日からは普段通りの生活が行えます。

費用

※すべて税込価格です。

施術内容 通常価格 モニター価格
たるみ取り(上) 352,000円 281,600円

■最近閲覧したページ



施術メニュー

二重まぶた

目もとの印象・若返り

口元・口アゴ周り

輪郭

シミ・肝斑

シワ・たるみ

バスト

ダイエット・脂肪吸引

多汗症・わきが

刺青除去

婦人科

薄毛・脱毛症

脱毛

性別適合手術

お顔の若返り

お肌の若返り

その他

18歳未満で施術をされる方

未成年の方が施術を希望される場合、親権者の同意が必要です。以下の親権者同意書を印刷していただき、ご記入の上ご来院ください。
詳細や不明点がございましたらクリニックへお問い合わせ(またはTEL:0120-257-929)ください。