口元・口アゴ周り

唇を薄くする

唇を薄くするとは

唇を薄くするとは

ぷっくりとしたアヒル唇は可愛らしくセクシーな印象を与え人気ですが、逆に分厚すぎると「たらこ唇」となりコンプレックスを抱えている方も多くいらっしゃいます。
唇は乾いている部分と湿っている部分があり、その両方のバランスが大切です。
両方、もしくはどちらかをボリュームダウンさせることで理想の厚さに整えます。
特に口腔内粘膜は普通の皮膚よりも治癒力が高いので傷の治りが早く傷跡も目立ちません。

このような方におすすめ

  • 唇が厚い方
  • たらこ唇を治したい方
  • 唇に左右差がある方

当院の唇を薄くする治療方法

唇の内側の粘膜状に湿っている部分と、外側の乾いている皮膚との間を切開し、余分な組織を除去し理想の厚さになるように整えていきます。
粘膜は普通の外側の皮膚よりも治癒力が高いので、治りが早いのが特徴で目立ちません。
上唇のみ、下唇のみなどご希望に沿って治療いただけます。

留意点

所要時間 40~50分程度
施術回数 1回
痛み 麻酔をするので痛みはほとんどありませんが、術後に3日程度鈍痛がある場合があります。
腫れ 強い腫れは約1週間続きます。※個人差あり
麻酔 最初に吸入麻酔 (痛み止め)を使用して痛みを和らげ、局所麻酔を行います。
傷跡 唇に沿って切開・縫合しますので、傷跡はほとんど目立ちません。
通院 通院の必要はありません。
洗顔・メイク 洗顔、メイクは当日から可能です。
シャワー・入浴 シャワーは当日から可能です。入浴は翌日から可能です。
アフターケア 治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、痛み止めを処方しております。
副作用・リスク まれに赤み、内出血を起こすことがございます。
注意事項 刺激物やアルコールなどは1週間ほど控えてください。

当院のこだわり

Point1
傷跡の目立たない箇所を切開
Point2
ドクターの繊細な縫合術
Point3
お顔のバランスを考慮した自然な仕上がり

よくある質問

治療効果はどれくらい持ちますか?

半永久的に効果は持続します。

通院は必要ですか?

通院は不要です。医療用の溶ける糸で縫合するので抜糸をする必要もありません。

傷跡は残りますか?

2週間程度で傷口はほとんどふさがり、傷跡も残りません。

治療の流れ

1

カウンセリング

治療の前にご希望の唇の幅や形を実際にシミュレーションします。
(充分な時間をかけ、納得した上で治療に入ります。)

2

麻酔

最初に切開する部位に麻酔を使用して痛みを和らげます。
吸入麻酔(痛み止め)を使いながら、唇に局所麻酔をするため痛みはほとんどありません。

3

治療

ご希望の唇ラインにあわせてメスで切開し、余分な組織 (脂肪や結合組織など)を取り除いて縫合し、薄い唇を作っていきます。
治療は約40~50分程の短い時間で終わります。

4

治療後

治療後腫れが少ないよう、麻酔はごく少量のみ使用しております。

5

アフターケア

治療後は多少腫れるので念のため腫れ止め、痛み止めを処方しております。
当日の入浴は浴槽につかると唇の血流が良くなり腫れが強く出ることがあるので、シャワーのみ、翌日からは普段通りの生活が行えます。
刺激物は1週間程控えて下さい。

費用

※すべて税抜価格です。

唇を薄く (片方) 220,000円
(両方) 380,000円

■最近閲覧したページ

施術メニュー

二重まぶた

目もとの印象・若返り

口元・口アゴ周り

輪郭

シミ・肝斑

シワ・たるみ

バスト

ダイエット・脂肪吸引

多汗症・わきが

刺青除去

婦人科

薄毛・脱毛症

脱毛

性別適合手術

お顔の若返り

お肌の若返り

その他

20歳未満で施術をされる方

未成年の方が施術を希望される場合、親権者の同意が必要です。以下の親権者同意書を印刷していただき、ご記入の上ご来院ください。
詳細や不明点がございましたらクリニックへお問い合わせ(またはTEL:0120-257-929)ください。